Laman/ラマン

さすらい傭兵の息子で、幼い頃から父について旅をし、武器を扱う方法を習ってきた。
彼の父が傭兵の仕事中に事故で死亡した後、一人残されたラマンは、使えそうな子供を探していた竜の監視団の目につき、竜の監視団に入ることになった。

TOP